最新の投資方法|みんなで大家さんの実態に迫る

女の人

オーナーの悩みを解消する

男性

滞納と空室のリスクを回避

不動産オーナーにとって賃貸をするうえで頭の痛い悩みと言えば、家賃滞納と空室のリスクです。どちらも賃貸で利益を得るには家賃を回収することが不可欠なため、不動産経営の根幹に関わる問題となります。家賃滞納リスクを回避するには、入居者がしっかり払い続けられるか審査を厳しくしたり、親族など借主の信頼できる保証人を立ててもらうことになります。ですが、現在では高齢化や核家族化が進み、厳しくしすぎると逆に入居者が集まりにくくなって空室の多さに悩まされることになりかねません。こうした問題に役立つのが家賃保証というシステムで、賃貸契約において貸主と契約を結ぶことで家賃が保証されるというものです。このサービスを提供する会社は、万が一にも貸主が家賃を滞納した場合、入居者に代わって建て替えてくれます。通常、家賃を滞納されると、管理者が督促をしたり、集金することになりますが、家賃保証会社を利用すれば回収を代行してくれますし、退去後の残存物処理や明渡訴訟も保証してくれる場合もあります。家賃保証会社の業務は家賃を保証して、不動産オーナーの代わりに集金を行うことが主となりますが、実は利用することによって得られるメリットが別にあります。賃貸契約においては家賃滞納のリスクから保証人を必要としますが、家賃保証会社がこれを請け負うため、保証人としての意味も兼ねているのです。つまり、本来なら親族の保証人が必要な賃貸契約でも、家賃保証会社を利用すれば天涯孤独の人でも契約が可能となるため、これによって入居者が探しやすくなり、空室のリスクも軽減できるようになるのです。