Transform yourself beautifully

いぼ治療は皮膚科クリニックにお任せ!美肌を作れる施術とは

注意ポイントを理解する

医者

ケアに力を入れる

体にできてしまったいぼが長年の悩みになっている人は、実はとても多いのです。いぼが長年の大きな悩みになってしまった理由として、いぼをどのように除去するべきか分からないままそのままにしておいたと言う状況になっている傾向にあります。いぼは大きく分けて自宅で行える治療と、皮膚科などで行うべき治療方法に分けられます。自宅で市販薬を利用して行う場合、いぼのタイプによっては血管が近くに通っているようなことがありますので、とくに注意する必要があります。市販薬で自然に取れていくタイプがありますが、このように血管の近くにできてしまった場合は想像以上の出血が予想されますので、しっかり見極める必要があります。不安に感じる場合には、やはり皮膚科などでの治療が最適です。皮膚科では、一般的には液体窒素による方法が行われますが、これはマイナス200度の液体窒素を含ませたものを皮膚に当てて、瞬間的に凍らせて除去する方法です。一度の治療では完全に除去することは難しいのでは、この方法を約一週間おきに行うのが一般的であり、最終的にはかさぶたになって自然と取れていきます。皮膚が高い箇所であれば、それだけ時間がかかってしまいますが、綺麗に除去させることができますので確実性が高まります。しかし、超低音の液体窒素を皮膚に当てるため、当てた瞬間はどうしても痛みがでます。ただ、自分で行う市販薬を利用した方法よりは安全性に優れている面があります。また、最近ではレーザー治療も一般的な方法となってきました。炭酸ガスレーザーが多く使用されることが多く、レーザーをいぼ部分に当てることで蒸散させるように除去することができます。この炭酸ガスなどを利用したレーザーのメリットは、やはり痛みが極端に少なくさらに出血のリスクが少ないことです。また、いぼの原因となる組織をしっかり除去させることができますので、再発をしてしまうリスクがとても少ないことも大きなメリットです。費用自体はどうしても高くなってしまいますが、今後再発してしまう可能性のあるリスクが少ないことを考慮した場合は、安心感も得ることができる最適な方法です。このようにいぼ治療にはさまざまな方法があります。できてしまう箇所によっては、とても目だってしまい、さらに擦れなどから痛みが出てしまうようなことも十分考えられますので、早めの対処が重要なポイントになってくることは間違いありません。ただ、いぼ医療で気をつけることは必ずしっかりとしたケアを行うことです。治療中などに起こる可能性のある感染症を防ぐ意味でも、治療前や治療後のケアは必ず意識をして行う必要があります。皮膚科などの医師の指導を守り、対策をしっかり行っていけばこうした感染症は防ぐことができます。そのため、自分の判断でケア方法を決めることや、自分の判断で薬を無理に使用するのではなく、必ず専門医の指導を受けてケアを行うようにしましょう。こうしたポイントを踏まえていぼ治療に専念していくことができれば、気になる決して大きなトラブルになってしまうようなことはありませんので安心できるでしょう。

液体窒素で治す

カウンセリング

いぼの治療をしていくということであれば、事前にどんな方法なのかを調べておくということがとても大事です。メリットやデメリットなどを詳しく知るということで最適な治療方法を選ぶということが可能となっていきます。

皮膚に侵入したウイルス

鏡を見る人

一般にいぼの原因はヒトパピローマウイルスとされ、皮膚の小さな傷から侵入して繁殖します。治療するには患部を切除するとともにウイルスを駆除することが重要で、皮膚科では液体窒素やレーザーなどが用いられます。

リスクの少ない手術を選ぶ

女の人

いぼの治療は外に出っ張っていればすぐに手術で治せますが、内側に食い込んでしまっていると高価な治療法が必要になることもあります。後遺症で寝られなくなると服用薬でコストが増すので、適切な治療法を選んで確実に治しましょう。